包茎とはどんなものかを説明します。

真性包茎
平常時でも勃起時でも常に男性器の亀頭部に包皮が被っている状態では亀頭と包皮が癒着していることが多く、平常時だとしても包皮をめくることがむずかしい、この様な包茎は真性包茎と分類されます。
亀頭が包皮に常に覆われていると亀頭の成長が阻害されて亀頭が小さいまま性器が成長して先の細くなったペニスになってしまいます。
包皮の内側は恥垢が溜まり細菌の温床なると性器が悪臭を放ちやすいだけでなく、感染症を起こす可能性を高めるので、性交渉にも問題を生じます。パートナーの女性に影響を及ぼすので出来るだけ早く治療する必要があります。代表的な包茎手術の対象です。

カントン包茎
もともと包皮口が狭くて亀頭をどうにか露出させることはできるのですが、包皮を翻転させて亀頭を無理に露出させると皮がペニスを締め付けることになって、結果として痛くて元に戻せないということが起こります。これはカントン包茎と分類されます。
放置しておくとその部分で反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、うっ血して亀頭が赤紫色に腫れるなどし、激しい痛みを伴います。また血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなりまので、これも真性包茎と同じくなるべく早くクリニックを受診し、治療することが望まれます。


仮性包茎
一般的には平常時は包皮が亀頭を覆っていても勃起時は亀頭が露出するか、もしくは手でめくれば亀頭を露出することができるものを仮性包茎と呼びますが規準はあいまいで、ごく普通に日常生活にも問題ないものから、真性包茎に近いくらいの重い症状のものも含まれます。
このため日本人の半分以上は仮性包茎とも言われているくらいです。「仮性包茎」の定義はとても幅広いです。

勃起時でも包皮をめくるのがむずかしい位の真性包茎に近い状態のものは、やはり包皮の中が不潔になりやすいので何かのきっかけで感染症になったりすることがあり、この場合は治療の対象となりますが、そうでない軽度の包茎でもコンプレックスとなることが多いので、そのコンプレックス解消の目的で包茎手術をする男性は年々増えていて、ABCクリニックのような美容外科の広告も多く目にするようになってからはそれに比例するように増えて行きました。

  • ABCクリニック立川院のご予約はこちらから(TOPページ)



  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります